ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントとビタミン剤と薬

ダイエットなどのサプリメントと薬、そしてビタミン剤の違いがはっきり分かりづらい人もいるかもしれません。 ビタミン剤は薬かどうか。まず、医薬品として薬局で販売するためには、厚生労働省の承認が必要になります。もし薬になりそうな物質が見つかって「医薬品」として認められたい時、その有効性と安全性を確かめてから厚生労働省に承認申請します。 そして、中央薬事審議会で審議された上で承認されてから初めて医薬品と認められます。要するに、医薬品は人体に与える影響が大きいので、とても複雑な手続きを必要としていて、そのために莫大な時間とお金も必要になります。 さらに、薬には「副作用」のリスクも存在します。リスクを管理する、リスクを扱うには、医師や薬剤師など特定の免許を持った者に今のところ限られています。 一方、ビタミン剤はというと、実際には病気の治療などにも使われていますが、医薬品とは呼ばれていません。なぜなら、ビタミン剤は従来、食品に含まれる物質であり、副作用がないからです。ただし、過剰に摂取するとリスクは伴います。 もし副作用がなければ、いくら治療に使われても、医薬品と呼ぶ必要がありません。つまり、副作用のないものがサプリメントであるともいえます。この辺りが大きな違いになるのです。