ダイエットサプリメント

薬の定義を知っておこう

ダイエット中などに摂取するサプリメントは、日本では食品に当たり、薬ではありません。しかし、病院に行くと医師からビタミン剤が処方されたという経験があると思います。また、コンビニエンスストアにもビタミン剤が置いてあって、風邪気味の時などに飲んだことがあるという人もいるでしょう。 まず「薬」は『広辞苑』で以下のように定義されています。 1.病気や傷を治療するために服用または塗布・注射するもの・水薬・散薬・丸薬・膏薬・煎薬などの種類がある。 2.釉薬(ゆうやく)のこと。 3.火薬のこと。 4.心身に滋養・利益を与えるもの。 そして、日本の「薬事法」における薬の定義は以下の通り。 1.日本薬局方に収められている物 2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬部外品を除く) 3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く) これらを読むと、サプリメントも薬に該当するように思えてきそうですが、あくまで食品にあたります。なぜなら、サプリメントは食品としてあくまで栄養を補うものであり、上記の項目には当てはまらないからです。