ダイエットサプリメント,ダイエット食品

サプリメントの成分表示

正しいサプリメントを選ぶために、サプリメント商品の成分表示をしっかり読んで理解することが必要です。最低限の項目を理解するだけで粗悪なサプリメントに手を出すことはほぼなくなるはずです。 まず、サプリメントにはJAS法に基づく表示がなされているはず。加工食品の容器または包装に一括して表示しなければならない事項です。「食育・食生活指針の情報センター」の“加工食品の表示―JAS法に基づくもの”によると、(1)名称、(2)原材料名、(3)内容量、(4)賞味期限、(5)保存方法、(6)製造業者等の氏名又は名称及び住所、です。 そして、健康増進法に基づく表示で必ず表示しなければいけない事項は、当該食品の単位あたりの熱量(カロリー)、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの各量の5項目と表示したい栄養成分をこの順番通りに記載すること。 さらに、栄養機能食品として栄養成分の機能を表示できる食品は、ミネラル類5種類とビタミン類12種類のいずれかについて栄養機能食品の規格基準に適合したものであること。1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、規格基準の下限量と上限量の範囲内にあって当該栄養成分の機能表示にあわせて当該栄養成分を摂取する上での注意事項を適正に表示することをさします。ミネラル類は亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウムであり、ビタミン類はナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸です。