ダイエットサプリメント,ダイエット食品

ダイエットサプリメントの位置付け

日本の法律上、ダイエットなどで摂取するサプリメントはすべて「食品」に分類されます。一方、サプリメントには医薬類似食品が数多く存在するので、実は限りなく医薬品に近いものもあります。 医薬品の場合、厳しい審査を通過しないと認可されません。ただし、サプリメントは健康食品の一種であって食品扱いだと厳しい審査がない一方で、効果や効能を表記することは禁止されています。ダイエットなどのサプリメントの広告を見る時はくれぐれも注意しましょう。 サプリメントの日本での位置付けは、まず、通常の食品の形状をしていれば一般食品やその他の健康食品であり、錠剤、カプセル、粉末などは健康補助食品、サプリメントにあたります。いずれも食品衛生法により保険機能食品であって、規格基準型は栄養機能食品、個別許可型は特定保険用食品(トクホ)です。一方、薬事法が定めるのが、医薬部外品を含む医薬品にあたります。 そして、サプリメントの中には、見た目や機能性で医薬品のように見えるものもありますが、日本ではすべて食品に分類されます。医薬品に比べて規制がゆるくて製造や販売を誰でも簡単に行うことが可能です。要するに、食品として危険でなければ品質がどうであってもサプリメントとして販売できるわけです。 一方、アメリカではDSHEA(Dietary Supplement Health and Education Act:ダイエタリー・サプリメント健康教育法)という法律が1994年に制定され、サプリメントは医薬品と食品の中間という位置づけです。