ダイエットサプリメント,ダイエット食品

ダイエットでよく使うサプリメントの意味

ダイエットをする中で、サプリメントを摂取している人もいるはず。そもそもサプリメントはどういった意味なのでしょうか。サプリメントの意味を正確に理解することで健康づくりにも役立ちます。 まず、サプリメントの定義から。サプリメントは「ダイエタリー・サプリメント」(Dietary Supplement)を略した言葉です。本来、サプリメント(Supplement)の言葉は「補うこと」という意味です。要するに、サプリメントは、日常の食事では足りない栄養素を補うためのものをさします。 そして、サプリメントは、栄養補助食品、健康補助食品ともいわれます。また、ダイエット(diet)はただ単に「やせる」という意味ではなくて「飲食物」「食事を減らす」という意味が正しいです。 一方、日本の法律において、人間が口から摂取するものは「食品」か「医薬品」のどちらかとなります。医薬品は、薬事法で以下のように定められています。 (薬事法 第二条第1項より抜粋) 1.日本薬局方に収められている物 2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬部外品を除く) 3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く) サプリメント 医薬品 食品 (食品衛生法 第二条) 食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、薬事法に規定する医薬品および医薬部外品は、これを含まない。 つまり、病気の治療や予防などの目的に使われる以外、すべて食品にあたります。ので、サプリメントも食品です。