ダイエットサプリメント,ダイエット食品

サプリメントの添加物表示をチェック

ダイエットをはじめとしたサプリメントでは、なんらかの添加物が含まれていることがほとんどです。本来、天然成分100%のサプリメントが最も好ましいのですが、大手メーカーでも技術的に天然成分100%を達成したサプリメントを販売するのは難しいようです。 サプリメントによくつかわれている添加物の例をあげると、着色料、発色剤、亜硝酸ナトリウム、保存料、リン酸塩、甘味料、プロピレングリコール、酸化防止剤、臭素酸カリウム(イーストフード)、漂白剤、防カビ剤などです。 これらは、たとえ人体に害がなくとも必要ないものです。サプリメントの成分表示をしっかり読みながら、以上の添加物ができるだけ少ない商品を選ぶことをおすすめします。 一方、表示成分がわからないサプリメントもあります。その際の見極め方は、例えば、表面がツルツルで光沢があると、まず添加物が多い確率が高いといえます。また、カプセルだと成分の中に摂取したい栄養素は含まれておらず、主成分がゼラチンでも、食品添加物の1つであるグリセリンを使ってカプセルをつくっていることがほとんどだということを知っておきましょう。キチンと消費者の立場に立ったメーカーでは、板ゼラチンを使って天然成分100%のカプセルを作っているとのことです。