ダイエットサプリメント,ダイエット食品

ギムネマの歴史と効果

ダイエットに効果があるといわれるギムネマの歴史はとても古いです。 ギムネマはインドの伝統医療であるアーユルヴェーダにおいて、2000年以上前から血糖値の急激な上昇を抑えながら糖尿病を予防して、しかもダイエット効果があるハーブとして利用されてきたと伝わっています。 このギムネマの正式名称は「ギムネマ・シルベスタ(Gymnema Sylvestre)」といいます。別名「グルマール」であり、日本では省略されて“ギムネマ”と呼ばれています。 ギムネマは、インド中南部原産のガガイモ科のつう性植物です。南インドから東南アジアにかけて広く分布しています。 別名でどうしてグルマールと呼ばれているかというと、グルマールはヒンディー語で「甘みを壊すもの」という意味だからです。なぜなら、ギムネマの葉をかんでしばらく経つと、葉から甘みを感じなくなることからつけられた名前だと伝わっています。 そして、ギムネマの効果や効能はというと、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を抑制することです。これによって、糖尿病の予防や肥満防止、ダイエット、さらには便秘の解消などが期待されるわけです。ただし、ダイエット効果についてはまだ仮説の段階であり、科学的に検証されているとはいいきれないのが実情のようです。